作りっぱなしでもよくない、のぼりの保管とお手入れ

案外、人は欲しいと思っていたものを手に入れると途端に大事にしなくなったりすることがままあります。

せっかくデザインしてオリジナルのぼりを作ったとしても、出しっぱなしにしていたり汚れても放置していたとしたら、これほどもったいないことはありません。

また、手入れが行き届いてないのぼりは見た目も良くないため集客どころかお客さんが離れてしまうことにもなりかねません。

ここではのぼりの保管やお手入れについて説明します。

【のぼりの保管】

季節性のメニューを扱う飲食店など、その役目を終えたら来年も使うためにのぼりは大切に保管しておきましょう。

ポンジののぼりは直射日光に晒し続けると色褪せします。

どの布にもいえますが、高温多湿だとカビが生えてしまうことも。

そうならないように暗くて涼しい場所に保管しておくことが大事です。

畳むとしわになるため、軽く巻いて保管することをオススメします。

【のぼりのお手入れ】

汚れてしまったら、洗うことで汚れを落とすことができます。

洗濯機で洗ったり乾燥機で乾かすのは厳禁です。

中性洗剤を使い、水で一枚一枚手洗いをします。

ゴシゴシこすらず押し洗いか、汚れがひどいところだけ軽くもみ洗いします。

柔軟剤や漂白剤、石鹸などはNGです。

アイロンは使っても構いませんが、低温で、裏に当て布をするようにしましょう。

高温にすると生地が変形したり溶けてしまうおそれがあります。

余りにも汚れが落ちなかったり、見た目が悪くなってしまいそうな場合は、思い切って買い替えた方がコスパがいい場合があります。