結局、どんな販促ツールを使っても「のぼり」がいちばん

お店を経営している人にとって「集客」「販促」は永遠につきまとう課題です。

お客さんを集めるためには、お店の存在を知ってもらって呼び来む「集客」が大事です。

しかし、お客さんが来たとしても何も買わないで出て行ってしまうと意味がなく、お店の存続にも関わるため来店した人がお金をおとすよう「販促」をすることが鉄則といえます。

昔から集客と販促のためにさまざまなツールを用いてきましたが、やはりいちばん効果的でコストパフォーマンスにすぐれているのが「のぼり」です。

【POPとのぼりが販促ツールで代表的】

マーケティングの分野において「販促ツール」と定義されるものはさまざまですが、POPとのぼりはその最たるものといえます。

・POP 販促ツールの中でも店舗に合わせてさまざまな大きさや形があり、広く使われています。

古くからある値段を書いたり印刷した厚紙を置いておくのもPOPですし、最近では商品名のロゴや写真が商品棚の前でひらひらしているのを見かける人も多いと思いますが、それもPOPです。

小売店の販促だけでなく、メーカーの販促の意味もあります。

・のぼり ひらひらとした縦長の旗上のものをポールに通し、台座の上に立てて使うのが一般的です。

POPと比べて大きく視認性にすぐれており、視覚における効果は抜群です。

商品を宣伝するだけでなく、営業時間の告知や道しるべ、注意喚起などさまざまなシチュエーションで作ることができます。

他の販促ツールと比べ安価なのも魅力的です。

やはりのぼりで販促するのがいちばんです。